長野マラソン関連ニュース

HOME > 新着情報 > 長野マラソン関連ニュース > 日赤県支部に寄付金 大会組織委など

日赤県支部に寄付金 大会組織委など

 4月に長野市で開いた第19回長野マラソン大会の組織委と実行委は25日、ランナーが参加料に1人千円を上乗せする「チャリティーエントリー」(任意)で集まった195万7千円を、日本赤十字社県支部(支部長・阿部守一知事)に寄付した。

 実行委員長の樋口博・市副市長が県庁に中島恵理副知事を訪ね、目録を手渡した=写真。樋口実行委員長は、大会が天候に恵まれ、関係機関の協力で無事に終わったと振り返り、「今後も寄付を続けていきたい」と述べた。

 今年は1万1024人のエントリーがあり、うち1957人がチャリティーエントリーに参加。組織委と県支部は2015年、チャリティーエントリーの寄付分を県支部に寄付し、県支部は大会運営に協力する協定を結んでいる。

(信濃毎日新聞)

2017052609.jpg


長野マラソン関連ニュース一覧