長野マラソン関連ニュース

HOME > 新着情報 > 長野マラソン関連ニュース > 勝負の42キロ熱走期待 男子日本人の優勝なるか 女子エトカやワンガリ軸

勝負の42キロ熱走期待 男子日本人の優勝なるか 女子エトカやワンガリ軸

 第19回長野マラソン大会の開会式が15日、長野市内で開かれ、国内外の招待選手が顔をそろえた。招待選手は一人ずつ紹介され、出席者の拍手を浴びながら登壇。記念撮影に納まった。

 式典後はナンバーカードの引き渡しやユニホームのチェックがあり、16日のレースに向けて準備を整えた。

 第19回長野マラソン大会は16日、長野市の長野運動公園から長野オリンピックスタジアムまでの42・195キロで競う。男子は混戦模様で、川内優輝(埼玉県庁)が制した第15回大会以来の日本人優勝に期待が懸かる。女子は海外招待選手が中心になりそうだ。

 ▽男子
 持ちタイムでは2時間6分58秒のヘンリー・スグト(ケニア)が最上位だ。しかし、これは2012年に出した記録。昨年11月のカンヌは2時間12分40秒の4位に入り、今回は2時間10分を目標に掲げる。
 マラソンの実績がないモーゼス・キベト(ウガンダ)の実力も未知数。モンゴル代表として五輪4大会に出場し、14、16年の長野で準優勝しているセルオド・バトオチル(NTN)は昨年10月の大阪を2時間13分43秒で走った後に右ふくらはぎを痛めた影響で調整が遅れている。
 日本人選手では、2月の別府大分毎日で2時間10分52秒の自己ベストを出している伊藤太賀(スズキ浜松AC)が有力。14、16年には日本人トップの3位に入るなど、4年連続出場でコースを熟知している点も強みだ。東筑摩郡山形村出身で、今回が4度目のマラソンとなる押川裕貴(トヨタ自動車九州・鉢盛中―岐阜中京高出)、実業団選手から公務員に転身したばかりの浜崎達規(南城市役所)の走りにも注目したい。一般参加で出場する実業団の若手にも力を秘めた選手がいる。

 ▽女子
 15年のドバイを2時間26分14秒で走ったファンツ・エトカ(エチオピア)、2年前に自己ベストを2時間27分53秒まで更新した38歳のミリアム・ワンガリ(ケニア)を中心にレースが進みそうだ。
 15年の東京で2時間35分49秒を出した木下裕美子(SWAC)は故障の影響で万全の状態とは言い難い。今大会を引退レースと位置付けている長野市出身の小田切亜希(天満屋・長野東高―名城大出)は、1カ月前に名古屋を走ったばかりでコンディションが整っていない。2時間39分54秒の記録を持つ内山真由美(ニトリ)ら一般参加選手の浮上もありそうだ。

(信濃毎日新聞)

2017041603.jpg開会式の後、ナンバーカードを受けとる男子招待選手のヘンリー・スグト(ケニア・中央)


長野マラソン関連ニュース一覧