第23回長野マラソン大会は来年4月18日開催


 長野マラソン大会組織委員会(会長=小坂壮太郎・信濃毎日新聞社長)は7月21日、組織委員会議を長野市内で開き、新型コロナウイルスの影響で中止となった第22回大会の事業報告、歳入歳出決算、第23回大会の事業計画案、歳入歳出予算案を承認しました。

 第23回大会の事業計画では、2021年(令和3年)4月18日(日)の開催に向けて準備を進めます。

新型コロナウイルスの感染が収束を見通せていない中、例年と同じく1万人での開催を目指しますが、開催するかどうか、開催の規模、予防対策などについては、情報収集に努め、主催団体、行政や保健当局などと協議し、慎重に判断していきます。

定員、参加申込の方法など詳細は秋ころ発表の予定です。

第22回大会の中止に伴う対応で、第22回大会参加申込者は特別参加料金9,000円で優先エントリーができます。そのほかの方は参加料12,100円です。

コースは、長野市の長野運動公園をスタート、長野オリンピックスタジアムにフィニッシュする42.195キロの日本陸上競技連盟公認コース。制限時間5時間は変更がありません。

                         2020年7月21日

長野マラソン大会組織委員会